ロスミンローヤル 副作用

ロスミンローヤルの有効成分をくまなくチェック♪副作用も気になります!

ロスミンローヤルは13種類の有効成分と9種類の生薬成分の計22種類が含まれる医薬品です。(他に添加物あり)

 

副作用リスクの低い「第3類医薬品」ではありますが油断はできません。しつこく調べて問い合わせまでしてみました。

 

有効成分13種の特徴と副作用

 

Lシステイン 

 

 

いまや美肌・美白に欠かせない成分となったLシステイン(エルシステイン)です。シミ対策のサプリ等でも配合されていますね。効果と副作用はどれほどのものなのでしょうか?

 

LシステインはビタミンCとの組合せで効率よくシミの原因となるメラニンの発生を抑制してくれます。

 

また、体内のコラーゲン生成サポートや、できてしまったメラニンの無色化や色素沈着した分の排出にも良いなどロスミンローヤルの効果にもぴったりな成分です。

 

ただし、サプリメントでも使用されるように安全性が高い物質ではありますが、単体での効果は大きくは期待できないとの研究もあります。

 

むしろ長期服用を前提とすると長い期間に「過剰」に摂り過ぎを続けていくと副作用リスクばかりが高まると考えられます。

 

> 参考記事:Lシステインの過剰摂取での副作用とは?

 

ロスミンローヤルでは1日分の分量として160rを配合しています。

 

ロスミンローヤルは長期間の服用でも危険性が無いようにLシステイン自体の配合量は必要充分量におさえているのですね。他の成分との相乗効果を重要視しているのでしょう。

 

 

DLメチオニン

 

メチオニンは体内では生成できない必須アミノ酸なので積極的に摂取する必要があるものですね。(DLというのは製法の種類、D体とかL体とかあるのです)

 

主に肝機能を高める効果もあり解毒や老廃物の代謝促進に良い役割をします。イメージとしては体内からの「デトックス」促進!?それが美肌につながるというのは体感的にも合点がいきますね。

 

また細胞の老化抑制につながることが期待されているのは注目!

 

シミ・しわ改善、お肌の若返りに大活躍の成分なのは間違いなしですね。

 

副作用については、過剰摂取さえ気をつければ問題なしです。

 

 

 

アスコルビン酸

 

アスコルビン酸とはビタミンCのことですね。

 

様々な効果を持つビタミンCは、特に美肌作りにはメリット大です。
コラーゲン生成の助けになります。また前述の通りLシステインと協力してシミ消し効果にもつながるので美白にもOK

 

水溶性のビタミンのため過剰症の心配はなく充分な量を取って良いものですが
吸収率の面から一度にたくさんでは無く、毎日継続してさらに1日数回に分けての摂取が推奨されています。

 

 

ビタミンE散 

 

お肌のビタミン、老化防止のビタミンと呼ばれるビタミンEですね。科学名で呼べば「トコフェロール」です。

 

抗酸化力に定評がありますから細胞ひとつひとつを元気に保つことができそうです。

 

活性酸素の除去作用など光老化対策のサポートにはとっても期待を持てる性質があるでしょう。

 

油性ビタミンなので注意が必要ではあるのですが、「取りすぎの心配はほとんどない」として長年親しまれてきています。

 

妊活・妊娠にも良いものと認識されているように古くから女性の健康と美容には欠かせない成分です。

 

「ビタミンE散」と記載してあるから…

 

散るってなに?酸との文字間違い??なんて感じました。粉末状の形態であることを示しているのですね。

 

ビタミンE散は特に「しわ」対策で役立つようです。

 

 

チアミン塩化物塩酸塩

 

代謝に関連が深いビタミンB1の別名です。欠乏症では有名な脚気(かっけ)や神経障害を引き起こすとされていますからしっかり摂りたい成分です。

 

日本人の場合には食事の穀物を通じて必要量の半分程度が摂られているそうです。「炭水化物抜きダイエット」などを行っていると不足してしまうかも?

 

逆に長期間/大量摂取でも副作用・障害等は、現在のところ知られていないのは安心です。また過剰に摂取された分は尿中に排泄されていきます。

 

 

リボフラビン

 

ビタミンB2であるリボフラビンは脂肪燃焼やエネルギー代謝の効果が有名ですが、細胞の新陳代謝に大きく関わっているので健康的な肌質、髪の毛、爪などを作るのに重要です。

 

過剰摂取による障害は発生しないのです…でも、色が黄色いのです!尿が黄色くなるのは(排出された)ビタミンB2のせいなのですね。

 

 

ニコチン酸アミド

 

別名ナイアシンとも呼ばれます。ビタミンB3に該当します。

 

タバコに含まれるのニコチンとは生理活性がまったく異なります。
皮膚・粘膜の保護や血行促進などだからむしろタバコの逆といった効果ですね。

 

十分安全性が認められているのですが量によって危険性あり!300r以上の摂取はNGです。(ロスミンローヤルは30r)

 

 

 

パントテン酸カルシウム

 

パントテン酸とはビタミンB群の一種ビタミンB5。それがカルシウムと結合したもの。

 

他のビタミンとの相乗作用で皮膚の健康をサポートしてくれます。そこからしみ、そばかす、日焼けの改善に用いられています。

 

「お肌に良い、そして便秘にもいい!」と評価した人もいました。

 

というのはパントテン酸カルシウムは摂取量によっては軟便や下痢などの副作用の可能性があります。(その点で逆に便秘の解消に効くと用いられてもいます。)

 

しかしロスミンローヤルに配合されている量であれば影響は少なく効能のメリットだけでしょう。

 

 

ピリドキシン塩酸塩

 

ビタミンB6のことです。皮膚炎や湿疹などに対処するお薬としてビタミンB6は使用されています。たん白質の代謝や皮膚の抵抗力に関連があるからアレルギー対策にも効果的なのですね。

 

メチオニンの代謝にもお互いに働きかけてバランスを取ってくれています。

 

使用推奨量の50倍を摂取した際の研究結果でも安全性が報告されていて副作用の可能性についてはかなり低いものです。

 

 

シアノコバラミン

 

エイジングケア化粧品にも使われることのある赤い色が特徴のビタミンB12です。

 

不足になりがちな成分です。効能は赤血球を形成させて貧血を防いでくれたりするので、しっかりと「飲んで体内から」活用した方がおすすめですね。

 

化粧品で塗るよりも服用して吸収した方が美容への効果は大きいようです。

 

 

食べ物にも含まれているモノです。レバーなどの肉類やあさり、しじみなどの魚介類を中心に含まれています。でも、なかなか充分量を取りづらいでしょう。だから菜食主義者だと欠乏症になったりするみたいですよ。

 

睡眠のリズムを整えてもくれるから毎日の生活からも美肌をサポートしてくれるありがたい成分なのですね。

 

 

カルニチン塩化物

 

脂肪燃焼で有名な「Lカルニチン」ってありますよね?

 

名前は似ているので成分としては系統が似ているのかもしれませんが
脂肪燃焼で有名なLカルニチンとは残念ながら化学的な作用が違うみたいですね。

 

Lがつくか付かないかで変わってくるのですね。

 

カルニチン塩化物の場合には、胃腸作用を整えたり、消化吸収を助けるために使われているのですって。

 

 

グリチルリチン酸アンモニウム  

 

抗炎症・抗アレルギーの作用です。効き目と同時にそこそこ刺激が強い成分なのですね。

 

巷では危険で毒性がある??という感じで特にアトピーで悩む方々の間で話題になることもあるようです。

 

化粧品に使われている場合にはお肌に直接触れることでの危険性を語る人は多いです。

 

ステロイドと似た作用があるために危険性まで同一視されてしまっている面があるのです。

 

でも漢方の生薬である甘草(カンゾウ)の根に含まれる有効成分のグリチルリチン酸アンモニウムは炎症やアレルギーへの効果については似ていても

 

成分としてはステロイドとはまったくの別物です。安全性ははるかに高いでしょう。

 

 

安息香酸ナトリウムカフェイン

 

これは独特の成分ですね。ここに注目してしまいました!

 

Wiki引用:カフェインと安息香酸ナトリウムとの塩複合体。通称アンナカと呼ばれる。強心剤や鎮痛剤にも用いられ、眠気をとったり、頭痛を和らげる作用がある。薬効は主にカフェインによるものである

 

カフェインの要素があるから大量摂取はダメだろうなというのは名前から感じるコト。

 

効能としても眠気防止、頭痛の緩和ですものね。

 

良い効果としては血流の改善がありそうですが…

 

「副作用がありそうなのですけど…」

 

って思って質問してみました。

 

副作用Wiki引用
主な副作用として、振戦(手足のふるえ)、頻脈、期外収縮(動悸、胸痛など)、耳鳴、不眠、不穏などが報告されている。また、大量に飲むとカフェインの中毒作用で興奮、不眠、けいれんなどを起こすことがある。

 

回答としては

 

「適量であればメリットが大きい成分なのですが注意点はいくつかあるのです。」

 

「含有されているような少量でしたら、副作用はほとんどありません。」

 

ロスミンローヤルでは13種の有効成分が

 

注意点というのは下記のような感じです。

 

一般的に多めに服用すると、手のふるえ、動悸、頻脈などが出現します。

 

それと飲み合わせにも注意が必要です。

 

喘息の薬(テオドール等)との併用すると副作用がでやすくなることもありますから気を付けて!

 

効果のしっかりしているロスミンローヤルだからこそ

 

持病やアレルギーのある人はお医者さんに相談。
他の薬を飲んでいるなら、ちゃんと確認。

 

これが原則ですね。

 

> こちらも要チェック「生薬成分の副作用」確認ページへ

 

有効成分13種の特徴と副作用関連ページ

Lシステインと副作用
シミ対策には「Lシステイン」が欠かせません。ロスミンローヤルでも重要な役割の成分Lシステイン。でも副作用についても話題に上るのがこの成分…ロスミンローヤルではどうなのでしょう。白髪などの副作用についてもリサーチしてみた件。
9種類の【生薬】成分を総チェック
ロスミンローヤルの特徴は「生薬」成分が配合されている故の活躍!ロスミンローヤルに含まれる9種の生薬について効果と副作用を調べてみました。漢方には副作用が無いと知られていますが効能があるなら反作用もあるはずでは??

 
TOP 副作用 口コミ 購入 有効成分