ロスミンローヤル 過剰摂取

ロスミンローヤルを過剰摂取するのは危険です。

シミや小じわを改善させて若々しい肌を手に入れることができるロスミンローヤルは第3類医薬品として指定されているものです。

 

医薬品は3つのランクに分かれている中でロスミンローヤルは【第3類医薬品】

 

こちらは第1類医薬品や第2類医薬品とは違って、副作用の心配も基本的には不要のものとなっています。

 

副作用が少ないのは用法を守ってこそ!

 

しかし副作用がないからといって、服用の方法を間違えると体に不調をきたす恐れがあります。

 

その間違った服用方法が「過剰摂取」です。

 

ロスミンローヤルの摂取量としては、1日3回で、1回3錠と指定されています。

 

「副作用がないんだったら早く効果を実感するために、ちょっと多めに飲んでも良いよね?」

 

と思ってしまうかもしれませんが、それは大きな間違いです。危険ですらあります。

 

用法用量を守らずに飲んでしまうとそれでは副作用が出てしまう可能性がありますよ。

飲み方と副作用リスクについて

実際にロスミンローヤルの公式サイトでも記載されています。

 

飲み忘れた場合はその分は抜いていただき、1日2回の6錠のみにしてください。
2回分の6錠を1回で服用すると一時的に成分の過剰摂取状態となり、胃腸障害やその他の副作用のリスクが高まります。
また過剰服用しても効果は高まりません。

 

とハッキリ明記されています。

 

実際に会社に問い合わせをした人たちによると、会社からは

 

【副作用として出る症状は発疹やかゆみ、
悪心や食欲不振などの症状が出ることがある】

 

と回答していたのだそうです。

 

もちろん通常ならばその心配はいらないのですが、過剰摂取をすることでこれらの症状が出てしまう可能性があります。

 

飲み方に関する注意点

 

実際に「副作用のような症状が出た」という方の口コミをよく見ると

 

「1日に飲む量は同じだから1回に6錠飲んでも平気かと思って飲んだら、次の日胃の調子が悪くなっていた」

 

というような内容のものも見受けられ、用法用量をしっかり守ることが大事だと言っている方も多くいらっしゃいました。

 

 

せっかく効果の高いものなのに、これらを守らなかったがために飲めなくなるというのはやっぱりもったいないですよね。

 

安全に且つ効果的にロスミンローヤルの効果を実感するためにも用法用量はしっかり守ることを心がけましょう。

 

関連記事:副作用について詳細

ロスミンローヤルは過剰摂取NG関連ページ

副作用について(第3類医薬品)
第三類医薬品に分類される「ロスミンローヤル」購入前に副作用に関して確認を!通販でお手軽に購入できるロスミンローヤルだからこそ、副作用などをちゃんと知っておきたいですね。
妊娠中でも飲んで大丈夫!?
ロスミンローヤルでシミ改善♪それって妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?副作用とかいちばん気になる妊娠中の妊婦さんがロスミンローヤルを飲んで良いのかの情報です。
授乳中の注意事項
きれいなママでいたいから!授乳中にも【ロスミンローヤル】で美容・健康効果を期待♪だけど、ホントに授乳中にロスミンローヤルを飲んでも大丈夫なの??副作用とか子供への影響とか嫌ですから。
何歳から飲める?
ロスミンローヤルは「シミ」「しわ」への効果が話題の医薬品。だから「何歳から飲んでイイの?」「何歳から飲むのがおすすめ?」って気になるものです。ロスミンローヤルの対象年齢他♪
【ロスミンローヤル】でシミ・シワを変える!
ロスミンローヤルならシミを改善できる。そして小じわまでなんとかできる日本で唯一の医薬品♪それがロスミンローヤルです。副作用を心配して使わないなんてもったいない!と言い切れますよ。
生薬成分が違いを生む!?
ロスミンローヤルに含まれる「生薬」9種類の生薬はシミ・しわの改善に効くロスミンローヤルの頼れる成分なのですね。他の医薬品との違いはここから生まれてる??特徴的な効能はこれらの成分のおかげでした!
米田薬品とアインファーマシーズとは?
シミ・小じわに効くロスミンローヤルを知るために、米田薬品とアインファーマシーズの名前は知っておきたい!米田薬品が作ったロスミンローヤルを美容に理解のある薬局=アインファーマシーズが取扱店ってことを!
知っておきたいのは「悪評」
ロスミンローヤルの評判で知っておきたいのは「悪評」では??口コミを調べるとロスミンローヤルには意外な悪評がどんどんと…あった??

 
TOP 副作用 口コミ 購入 有効成分